バリフ

ED薬の効果的な服用方法

水を飲む男性

勃起不全に悩む男性はED薬を服用して「優れた勃起効果が欲しい」と思っている人は多くいて、このような方々は1錠1錠に対しての効果をなるべく有効にしたいと考えています。
ED薬の効果を最大限にしたいと考えるならば、効果的で正しい服用方法を心がけるのが大切になります。ED薬はただ服用すればよいわけではありません。最大限の効果に得るためのベストな服用方法があります。
お茶や清涼飲料水などと一緒に飲むような自己流はオススメしません。ED薬によって服用回数にも制限がありますので注意が必要です。
最善となる服用方法について詳しく紹介しますのでぜひ参考にしてください。

まずはED薬を何と一緒に飲むかという問題です。やはり他の風邪薬や抗生物質などと同様に水やぬるま湯と一緒に服用するのが一番良いです。
お茶や清涼飲料水などは薬が体内に吸収されるのを阻害してしまいます。成分がしっかり吸収されずにそのまま消化されると、薬としての効果を最大限に発揮できずに終わってしまいますので注意しましょう。
また水といっても冷水ではなく、なるべく体温に近いぬるま湯と一緒に飲むのがベストです。体温に近いぬるま湯は薬をすばやく溶かす効果があります。
すると短時間で体内で吸収されるため効果が現れるまでの時間も短縮できて即効性を高めるのが可能になります。よりED薬の効果を得るためにもしっかり覚えておくとよいでしょう。

つぎにED薬とお酒(アルコール)との服用についてです。お酒は多くの男性が好み、友人や仕事の付き合いの場などには欠かせません。
しかし、ED薬とお酒を一緒に服用するのは大変危険です。アルコールには血流を良くする半面で一時的に脳の働きを妨げてしまいます。
ED薬も同様に血液の流れを良くする働きを持ち、性的欲求や性的刺激を受けると勃起を促すように脳にも働きかけます。ところがアルコールによって脳が正常に機能しなくなると、ED薬の働きを阻害してしまい思うように勃起しなくなるのです。
他にも血流が活発になり過ぎて心臓に大きな負担をかけてしまう恐れがあります。激しく体を動かす性行為中に急激に体調を崩してしまい、後に意識を失うケースもあります。
したがって、ED薬とお酒(アルコール)は絶対一緒に服用しないようにしましょう。

このように勃起を促す優れたED薬でも、服用を誤れば効果が半減したり時には体に大きな危害を加える恐れがあります。
優れた勃起力を得るためにもED薬の効果的な服用方法を心がけましょう。

ED薬の用法・容量は必ず守りましょう

たくさんの薬

ED薬の効果を得るためにも、服用する際には必ず用法・用量を守るようにしましょう。どれだけ効果が高い薬でも用法・用量が守られていない場合は当然高い効果は得られないので注意が必要です。
ED薬は他の医薬品よりも高価な薬ですので、1錠1錠をムダにしないよう用法・用量を認識しておきましょう。

用法とは薬を飲む適切なタイミングや1日に服用する回数などを示しています。数多くの種類があるED薬ですが、飲むタイミングについてはなるべく食事をしていない時間帯が良いとされています。
種類にもよりますが、多くのED薬が食事による影響を受けやすい性質があります。
特に脂分の多い食事との相性は悪く、脂分がED薬の成分に付着して体内への吸収を妨げてしまい勃起効果を弱めてしまう原因になっています。
したがって、食前や食後というよりも胃の中に食べ物が入っていない空腹時がベストになります。

用量とは1回や1日に飲む薬の服用量を示しています。その服用量は年齢や体のサイズ・症状などによって決められます。
ED薬の種類によっても用量は違いがあります。主に20mg・50mg・100mg・などが販売されていますが、欧米人と比べて体格の小さな日本人は少ない用量を勧められる事が多いです。
より強い効果が欲しいからといって自身の症状に見合わない過剰な用量を服用するのは危険です。勃起効果が変動するばかりでなく体調が著しく落ち込む危険性が伴います。
したがって自身で勝手に服用量を増やす事のないようにしましょう。

勃起不全に悩む多くの男性から支持を得ているED薬は優れた勃起効果を発揮します。自身に見合う用法・用量をしっかり守って充実した生活を楽しみましょう。

服用するタイミングは空腹状態がべスト!

フォークとナイフ

ED薬を服用するタイミングについてですが、先に結論づけると空腹状態がベストとなります。
「なぜ空腹時がベストなのか?」その理由は、胃の中に食べ物が残っていない状態の方がED薬が効率良く体内に吸収されるからです。
体内に吸収される時間が早まるという事は、勃起効果が得られる時間が短縮できて即効性が高まるという事です。
ED薬を使用する多くの男性は性行為の際に「なるべく時間をかけず勃起できるようにしたい」と考えています。そのため即効性が高まるのと最大限の勃起効果が得られるのは大変喜ばしい事なのです。
したがって服用するタイミングを誤らないように注意しましょう。

風邪薬などに例えると、一般的な薬は「食後の30分後に服用する」などの適したタイミングがあります。
その理由としては【風邪薬に含まれる成分が胃に負担をかけないように】と【胃の中にある食べ物がコーティングする役目を持つ】といった具体的な理由があります。
しかし、もしも服用するタイミングを食前にしたりして誤ると、胃を傷つけてしまったり薬の効果が弱まったり全く効かない場合も起こり得ます。
そうなると当然薬としての役割を持たず、服用しても全く意味がなくなってしまいます。

このように服用するタイミングを誤れば、ED薬を服用したとしても思ったような勃起効果は得られません。せっかく服用して性行為に挑んでも効果がなければ空しい気持ちになるでしょう。
「ED薬を服用するタイミングは空腹状態がベスト」という事をしっかり認識しておきましょう。

性行為の何時間前に服用する?

気まずい男女

どのような薬にも効果を発揮する時間の長さには制限があります。また、薬の効果を最大に発揮する時間帯も短く限られています。
「ED薬は性行為の何時間前に服用する?」と疑問に思う人は意外と多いのが事実です。性行為中に服用すればいいわけではありません。

ED薬には数多くの種類が存在しますが、主に性行為前の1時間前に服用するタイプが多いです。
一番有名なバイアグラは服用から約40分~50分後に勃起効果を発揮します。勃起のピークを迎えるのは服用から1時間~1時間半後になります。ピークを過ぎると徐々に効果が弱まるため、あらかじめ性行為にかける時間を頭に入れておくとよいでしょう。
しかし中には例外もあります。シアリスやジェネリックのメガリスは持続時間が約36時間と他のED薬に比べるとかなり長い時間をかけて効果を発揮します。
そのため、性行為する何時間も前から服用しても支障が少ないというED薬もあるのです。

基本的には「性行為前の1時間前にED薬を服用する」という考えを持ちましょう。しかし、即効性に優れているタイプや持続時間が長いタイプのED薬も存在します。
タイプ別のED薬をシチュエーションで分けて楽しむ愛用者も増えています。そのため自身のライフスタイルに合ったED薬を選ぶのがオススメです。