バリフ

EDの改善法

うつむく男女

ED(勃起不全)の改善は若いうちや早めに行うほど良いとされています。症状は人それぞれ異なり、「たまに勃起しなくなる」「中折れするのが多い」「興奮しても全く勃たない」という具合に分かれます。いずれにせよ満足に性行為が行えない症状です。
しばらく性行為が行えなくなると不安になり、病院に行ってすぐにED薬を処方してもらう人もいれば、気のせいだと放置してしまい改善できる症状でも後回しにして手遅れになる可能性があります。
もし重症化となるとその分治療までのお金・時間・労力などが必要になってきます。もちろん治すまでの根気強さも欠かせないでしょう。
「まだ自分は若いし大丈夫」といった事は理由にはなりません。年々若年層の患者も増えているため、不安になったらすぐに病院で検査してもらうか改善するための生活を送るようにするのが一番です。
なかなか病院へ行くのが面倒だと考える人は、自身で改善できる方法がいくつかありますので取り組むようにしましょう。

これらの症状を改善するためには、普段の生活習慣を見直しながら意識して実践する事が大切です。
ED治療薬は短時間で勃起を促す即効性が優れているので頼るのもよいですが、その場しのぎで放置してしまってはEDの改善には繋がりません。むしろ症状が悪化してしまう事が考えられます。
もともと誰もが勃起する健康な体を持っていました。それがやがて身体的な理由や心理的な理由によって勃起不全を起こすようになるのです。EDは陰茎部の血管機能が動脈硬化の影響で衰えたり、異常を起こす生活習慣病の一部と考えられています。
したがって、毎日の生活を少しずつ変えていけば今よりも症状を改善できるのです。

本人が「絶対に改善しよう!」という意識が芽生えれば、きっと前向きに取り組めると思います。
EDの改善法にはED薬を用いた投薬改善・毎日の食事改善・質の高い睡眠改善・定期的な運動改善などが主に挙げられます。それぞれの改善法について詳しく紹介しますので参考にしてください。

ED薬で改善

ED薬

EDは症状に合わせた治療が有効的だと言われています。バイアグラカマグラは中折れ等の中程度の症状に効果的です。レビトラバリフは勃起をするのに時間が掛かる人にとって効果的です。シアリスメガリス勃起の継続が困難な人にとっては打って付けのED薬でしょう。自分のEDの症状を知る事はとても大事な事です。

これらの薬は病院でも入手できますが、保険適応外の自由診療となるので費用も高く掛かりますが、通販を利用する事で治療費用はかなり抑えれます。通販を利用する事で通院に掛かる手間も省けます。そして通院となると知人、友人に通院してる所を見られてしまった、または院内の中でバッタリ会ってしまった等、そういった事もなく、誰にも知られずに治療できます。購入方法もとてもシンプルで分かりやすく、目的の薬をカートに入れて、お支払い方法を選択し、届けて欲しい住所を入力するだけです。後は薬の到着を待つだけでいいのです。大体は10日前後で到着します。

毎日の食事改善

健康的な食事

私たちは毎日何気なく食事を摂っていますが、人それぞれ食事の内容は異なります。しっかり1日3食摂る方もいれば、1日1食に抑える方もいます。 また、食事は人によって食べ物の好みがあり、摂取される栄養バランスも異なります。
健康な体を作るにはバランスの保たれた栄養摂取が良いのは多くの人に認識されていると思います。しかし、食事を摂っても栄養が体内にしっかり取り入れられているとは限りません。
日常で摂取する栄養素は限りがありますが、その中でも特に生殖機能と精力を高めるのに有効となるのが以下の栄養素です。

・ビタミン(納豆・山芋・うなぎ・アボカドなどに多く含まれる)
・ミネラル(あさり・しじみ・アスパラガスなどに多く含まれる)
・亜鉛(牡蠣・レバー・チーズ・ココアなどに多く含まれる)
・アルギニン(牛肉、鶏肉、えび、ごまなどに多く含まれる)
・セレン(マグロ、カツオ、明太子、うになどに多く含まれる)

ビタミンやミネラルは疲労回復や新陳代謝を上げ、男性の生殖機能を高める効果があります。亜鉛やアルギニンは男性ホルモンを生み出し、多くの精子や精液を生成するのに欠かせない栄養素です。
セレンは動脈硬化を防ぐ効果と血液の流れを良くする働きを持っています。

これらの栄養素を他の料理と一緒に絡めるなど、普段の食事から積極的に取り入れる事を意識しましょう。
上記の栄養素は和食でよく使われる食材であり、摂り入れやすい栄養素です。毎日の食事を意識すればED改善へと繋がるのです。

質の高い睡眠改善

眠る男性

睡眠はただ長時間とればいいわけではなく、眠る時間帯と睡眠時間によって質が良いか悪いかを左右します。
質の高い睡眠が得られれば、朝からスッキリと起きれて体と脳も軽くなりフレッシュな状態でスタートを切る事ができます。1日の仕事や活動する上でも高いパフォーマンスを発揮できるでしょう。
対照的に睡眠不足では1日のパフォーマンスが低下するだけでなく、気持ちが荒くなったり不安やストレスを溜める原因にもなります。
睡眠不足の生活を続けては男性ホルモンがどんどん減少してしまい、あらゆる意欲の低下にも繋がります。ED改善には男性ホルモン量が深く関わっているため、質の高い睡眠が欠かせません。

毎日の睡眠には、体の回復や脳を活動をしっかり休めるという非常に重要な役割を担っているのです。より質の高い睡眠を得るためにも以下の行いを心がけましょう。

・夜10時~深夜2時までの間に就寝する
・1日約6時間~7時間の睡眠を心がける
・睡眠リズムを整える

まず睡眠に就く時間帯ですが、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が活発になる夜10時~深夜2時の間に就寝するようにしましょう。成長ホルモンがしっかり分泌されている時間に眠りに就けば、しっかり体の回復と脳を休める事ができます。
睡眠時間については、1日約6時間~7時間が良いと脳科学研究の観点から推奨されています。6時間以上の睡眠で脳脊髄液(のうせきずいえき)が脳に溜まる老廃物を一掃するよう働き、翌朝起きた際に脳がリセットされてフレッシュな状態になります。
睡眠リズムを整えることも大事です。毎日決まった時間帯に眠りに就ければ生活にリズムが生まれ、自身でも体調管理がしやすくなり精神面でも安定するようになります。
毎日このような質の高い睡眠改善に取り組めば、きっとEDの改善にも繋がることでしょう。

定期的な運動改善

ジョギングする男性

定期的に運動するメリットには血管が拡がり全身を巡る血液の流れが良くなる事が挙げられます。体の隅々に溜まっていた老廃物が取り除かれてサラサラな血液へと生まれ変わります。
勃起不全は血管の衰えが一つの原因になっているため、血行が良くなるのはED改善に繋がります。

また運動には体の筋肉を刺激するため男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促す効果があり、体を若返らせる事ができます。特に下半身を鍛えるのは勃起不全の改善に有効です。
男性は30代以降から体の衰えが見え始めるので、性機能を高める筋力を低下させないように意識して定期的な運動改善に取り組みましょう。

他にも汗をかいて気分がリフレッシュされ、ストレス解消にもなります。日常生活の中で溜まりやすい不安やストレスを軽減できれば、リラックスした気持ちで毎日を過ごせるようになります。
長距離マラソンや短距離走などの特に激しく体を動かす必要はありません。特にオススメされているのが有酸素運動です。
特に1日20分~30分ほどウォーキングや軽いジョギング程度が良いと推奨されています。週2~3日ほど実施するだけでも体中に酸素が取り入れられて血流が良くなります。

運動が苦手な方にも取り入れやすいため、続けやすく健康改善の効果が得られやすいメリットがあります。
有酸素運動によって全身の血行が促進されて、太ももなどの下半身強化はED改善にも大変有効です。ぜひ定期的な運動改善を心がけてください。

精力剤

精力剤サプリメント

ドラッグストアやコンビニなどの市販店で簡単に購入ができる精力剤ですが、医薬品とサプリメントの2種類に分かれて販売されています。
値段も安価ですぐに手に入る物や、高価でなかなか手が出せない物まで様々な種類が存在しています。
医薬品に用いられる精力剤は、ビタミン剤やニンニク抽出成分などが配合されており滋養強壮に良いとされています。サプリメントの精力剤では、ビタミン・ミネラル・鉄分などの植物由来成分が配合されて、体に必要な栄養素を補えるようになっています。

どちらも栄養補給・ホルモン分泌・疲労回復を目的にしており、体を元気にする働きを持っています。しかし、服用した後すぐに勃起を促すような即効性や作用に大きな期待はできません。また食事を疎かにして栄養バランスが偏っていた場合は、精力剤を飲んでもあまり効果が得られません。
当然ながら精力剤やサプリメントには、たとえ性欲が上がるような作用があったとしても、ED薬のように勃起不全を改善する働きは持っていないのです。

したがって、精力剤を求める方でも効果の少なさに納得できず、後にED薬へと流れ着く傾向が見られます。すぐに勃起不全を改善したいと考えるなら、医学的に勃起効果が証明されているED薬を使用するのがオススメです。

ED1000

ED1000

現在の最先端技術であるED1000は、男性の陰茎に直接低衝撃波を当てて勃起機能を回復させる血管再生医療です。陰茎部の毛細血管を増強・改善させて血流を良くして勃起不全を改善します。
ED患者への臨床実験でも約80%の方に勃起効果が得られて高い精度を誇り、特に血管細胞の劣化が見られる40代~70代の方に勧められています。
尿路結石の粉砕や、狭心症の治療にも用いられる事があります。
日本国内でED1000を導入している専門機関は少ないですが、陰茎への痛みがなく副作用もないため、安全且つ精度の高いED治療方法として期待されています。

処置はマシンによって陰茎5箇所に低衝撃波を直接照射して行います。
照射されると陰茎にある毛細血管が低衝撃波による刺激を受けて、細胞増殖因子と細胞核が形成されます。すると新しい毛細血管が次々と誕生します。
1回の処置時間は20分程度で済み入院するような事はありません。治療期間は約3ヵ月間で1クール(計12回)の処置で治療完了となります。

気になる処置料金は病院によって異なりますが約30万円~40万円前後とかなり高額になるため、誰でも受けられるようなED治療法とは言えませんが治療薬で改善されない方への最終手段として十分期待できる治療法です。
治療額が高くて十分といえるような実績が得られていませんが、今後はED治療の主流となる可能性を持っています。
他に尿路結石の粉砕や、狭心症の治療にも用いられています。