バリフ

ED薬の正しい知識

バイアグラの効果、副作用

これまでED薬を使用した事がない人は、使用する前に正しい知識を得る事が何よりも大切です。
現在は通販サイトを利用して簡単に購入する事ができますが、「本当に勃起効果があるの?」「勃起はどれくらい持続するの?」「副作用の程度はどれくらい?」などの疑問を持った人が意外と多いのが事実です。
もし誤った知識を持っていると、ED薬を服用してもしっかりと勃起効果が得られない場合があります。正しい知識を持つ事でED薬としての最大効果が得られるでしょう。

通販からED薬を購入する人は年々増え続けていますが、その一方で服用から勃起を促すまでの時間や持続時間について知らない方は多いのが現状です。
ED薬には数多くの種類が存在しており、服用して勃起効果が得られるまでの時間や持続時間もそれぞれ違いがあります。
例えばバイアグラを服用して勃起効果がある持続時間が約4~5時間なのに対して、シアリスは約36時間かけて効果を持続する働きを持っています。
また、ED薬は精力剤と同じだと考える人が多くいますが、もちろん精力剤とは全く役割と働きが異なるので注意しましょう。
性的刺激を受けて勃起するため、精力が上がったと勘違いを起こす場合があります。しかし、ED薬はあくまで勃起を促す働きを持っているものの、精力や性的欲求を高めるような働きはありません。
また仕事やプライベートで用事がある場合には服用する必要はなく、あくまで性行為を行う前だけ服用すればよい事を認識しておきましょう。正しく服用できれば副作用に悩まされる事もありません。

ED薬は勃起不全に悩む方に対しては服用すると勃起できるようになりますが、普段から勃起ができる人が服用すると副作用を起こす場合があります。
時には予想だにしない重い副作用に見舞われる危険性もあります。したがって、勃起不全の問題がない健全な人は興味本位で服用しないように心得ておきましょう。

ED薬を服用する事で得られるのは「性行為の際に十分な勃起が得られる」「中折れにも改善効果がある」「男としての自信を取り戻す」など、あらゆる勃起不全の問題を改善できる薬であると多くの利用者から定評があります。
不自由なく勃起できるというのは満足いくセックスを楽しめる事にも直結し、セックスレスに悩む夫婦や恋人同士の問題も解決できて充実した毎日を送れるようになります。
パートナーが喜ぶ姿を見れば、きっと男としての自信も多く得られるでしょう。

現在ED薬には多くの種類が存在していて、それぞれ勃起力や持続時間において大きな違いがあります。また体調によっては体に危険を及ぼす事もありますので、ED薬の正しい知識について学びしっかり認識しておきましょう。

ED薬の持続時間はどれくらい?

時計

人によってライフスタイルに違いがあるように、性行為にかける時間もバラバラです。長時間かけて勃起効果が欲しい人もいれば短時間で十分だと考える人もいます。
では、ED薬を服用してから勃起効果が得られる持続時間はどれくらいなのでしょうか?
ED薬の中でも特に有名な先発薬3種の持続時間について紹介します。
それぞれのED薬にある特長を見極めて、自身のライフスタイルに合うベストのED薬を使用するのをオススメします。

バイアグラ

一番ポピュラーなED薬であるバイアグラの持続時間は約6時間ほどで、性行為をするには十分な時間帯です。
服用から約30分ほどで効果を現し始め、約1時間後には血中濃度がピークを迎えて勃起力が高まります。4時間以降が経過すると徐々に効果が弱まってきます。3種類の中でも一番優れた勃起力が得られます。

レビトラ

即効性に優れたED薬で持続時間は約8時間~9時間です。空腹時であれば、服用から約15分ほどで効果を発揮しはじめます。約45分後にはピークを迎えます。バイアグラよりも副作用が少なく改良されています。
短期間で勃起効果が得られるので、急なシチュエーションにも柔軟に対応ができます。

シアリス

3種の中でも一番持続時間が長いのがシアリスです。勃起力は優しいものの、持続時間は約36時間に及ぶため特に長時間性行為を楽しみたいという方に人気です。
食事面での影響が少ないため、セックス前にパートナーとの食事を楽しみたい人に人気があります。何度も服用する手間が省けて、週末などお泊りがけのデート時に使用する人が増えています。

ED薬を服用したら常に勃起する?

股間を押さえる男性

ED薬と聞けば服用すると勝手に陰茎が反応を起こしたり、強制的に勃起を促すようなイメージがあると思います。しかし、実際には服用しても常に勃起状態が続くような事は無いです。
たとえ服用したとしても、女性の裸体を思い浮かべるような性的欲求が起こったり陰茎などに対しての性的刺激がなければ勃起するような事はありません。
したがって、仕事やプライベートで物事に集中している場合には勝手に勃起するような事もないので特に心配はいりません。
あくまで勃起するには性的欲求を感じたり性的刺激による興奮が必要となる事をしっかり認識しておきましょう。

よくネットなどに書き込まれている体験談では「ずっと勃起が収まらず大変な思いをした」「効果が切れるまでずっと勃ったまま」「思うように行動できない」などの情報が溢れています。しかし実際には性的刺激を受けない限りは勃起しません。
これまでED薬を使用した事のない人が勝手に思い込んだり、人伝いによって話が大きくなったり噂が膨らんだりするのが影響しているのです。
世間でのイメージやネットでの間違った情報に惑わされないように、ED薬についての正しい情報を頭に入れておく事を意識しましょう。

ED薬に早漏防止効果がある?

落ち込む男性

ED薬は勃起を促す治療薬ですが、医学的観点から早漏防止の効果には大きな期待はできないといえます。早漏防止にも効果があると勘違いしてED薬を購入する人もいますが、射精するまでの時間を遅らすのにはあまり期待はできません。
しかし、ED薬を服用すると勃起によって陰茎が大きくなり亀頭部分の硬さが増して感覚が鈍くなります。それによって性行為中でも外部からの刺激を受けても陰茎の感覚が鈍るため射精が遅れるという場合があります。
その経験を幾度か繰り返した利用者が「ED薬には早漏防止の効果がある」と勘違いするケースがあるようです。医学的には根拠が証明されていませんが、心理的に早漏防止効果があると思い込んでしまうのです。

早漏は自分の意図とは裏腹に性的刺激を受けるとすぐに射精してしまう症状ですが、パートナーとの性行為で度々起こってしまうと相手に対して不快な気持ちにさせたり時には嫌われてしまう事もあります。
男性側が一方的に絶頂に達するのはパートナーに対してあまり良い印象を与えません。お互いに満足いくセックスができないので不完全燃焼に終わってしまいます。
EDと同じように早漏に悩む男性も多いです。早漏が原因で精神的ストレスを抱えてしまい、後にEDを発症するケースも多いためEDと早漏の繋がりは強いと考えるべきでしょう。

ED薬を服用すると性行為に対しての不安や心配を和らげる効果があると考えられています。「勃起するから大丈夫」という気持ちが芽生えてリラックス効果を生み出すようです。
早漏の問題を解決するには性行為の際にリラックスしている状態が良いと考えられています。ED薬の効果が早漏防止への良い影響を与えているのではと考えられています。
意図的にリラックスした状態を作るのは難しいですが、ED薬を心の支えにする人も大勢います。多くの男性から支持されているのには、こうした理由の1つもあるのです。

早漏治療には早漏防止成分が配合された専門の薬がありますので、改善したい人は利用するとよいでしょう。ED薬をこっそり服用して早漏改善にも役立てている人も大勢います。
過度に期待するのは良くないですが、実際に体験者の多くから「早漏防止にもなる」との声も多く挙がっているのも事実です。ED薬には早漏防止の効果もあると裏付ける証拠ともいえるでしょう。
たとえ射精したとしても、短時間で回復して再び勃起しやすいように陰茎へと働きかけるため性行為に対してモチベーションも維持できるメリットもあります。
EDと早漏に悩んでいる男性はぜひ参考にしてED薬を試してみるのもオススメです。

ED薬の効果は体調に影響される?

体調が優れない男性

人間は日によって体調にも変化があります。1年365日あるうちの何日かは風邪を引いてしまったり、体調が優れないという日もきっとあると思います。
ED薬は勃起不全に悩む男性にとっての悩みを解消できる優れた薬ですが、ED薬を服用しても体調によっては通常と同じような勃起効果が得られない場合もあります。

例えば長時間かけて大量のお酒を飲んだり深酒をした場合には期待しているような効果は得られない事を認識しておきましょう。逆に体調が悪化して体に悪影響を及ぼす危険性が高まってしまいます。
そもそも勃起とは、脳が性的欲求や性的刺激を受けると興奮状態になり陰茎へと大量の血液が送り込まれた際に起こるものです。この一連の流れは脳が正常な場合に機能します。
しかし、もしお酒の影響により脳が正常でない場合はなかなか脳が興奮状態にならず勃起ができなくなります。
たとえ勃起できたとしても持続時間が通常より短くなったり強い勃起力が得られない場合があるのです。

アルコールとED薬には血管を拡張して血液の流れを活発にする働きを持っています。もし必要以上に血液が活発になると性行為中に心臓に対して大きな負担をかけてしまいます。
お互いの相乗効果が、場合によっては体に対して悪影響を及ぼす可能性があるのです。最悪の場合はアルコールが一気に体内に流れてしまい、急性アルコール中毒を起こす危険性もあるので十分注意しましょう。
このような救急の事故に繋がる可能性もあるという事もしっかり認識しておきましょう。

影響があるのはアルコールばかりではありません。仕事や人間関係などによる精神的ストレスも同様にED薬の効果を弱める影響を与えています。
精神的ストレスは副交感神経に対して影響を及ぼしやすく、脳内で興奮状態が起きにくい環境を作ってしまいます。したがって興奮できずに勃起できないという状況ができてしまうのです。
体調が優れない場合や脳内環境・精神状態によっては興奮ができない状態となり、ED薬を服用しても勃起しない事があります。
注意すべき点としては、勃起効果が弱いからとの理由で規定の服用量以上を飲まないようにしましょう。必要以上のED薬を飲むのは、体に大きなダメージを受けてしまいます。
特に初めて服用する人は効果がどのようなものか判断しづらいため注意が必要です。
体調や精神面が正常でない場合など、その日のコンディションによってはED薬を服用しないように認識しておきましょう。

ED薬と精力増強剤の違いとは

ED薬と精力増強剤の疑問

「ED薬には精力を高める効果があるの?」「ED薬と精力増強剤の違いって何?」などの疑問を持った人は意外と多いです。
特にこれまでED薬を使用した事がない人は同じような働きを持っていると勘違いしてる人も多いでしょう。しかし、実際にはED薬と精力増強剤には大きな違いがあります。

ED薬を服用すると勝手に体が反応して勃起するという効果は無いです。あくまで性的欲求を起こしたり性的刺激を受けてはじめて勃起するようになります。
ネットでの情報やテレビによる影響から誤った情報を受けてしまい、精力の増強効果があると勝手に思い込んで購入する人も意外と多いようです。しかし、通販で販売されている物や病院処方の物でもED薬には精力を高めるような効果はありません。
あくまで「勃起を促す効果が優れている」「勃起できるまでの即効性がある」という事を認識しましょう。
ED薬を服用すると通常よりかなり勃起力が高まるため、頻繁に使用していると次第に男性としての自信が生まれます。この時の心理状態から、ED薬には精力増強の効果もあるのだと勘違いを起こす人がいると考えられています。

精力増強剤には体内に栄養を与えて元気にさせ、最終的には陰茎も元気にするという働きがあります。しかし、即効性には劣りすぐに勃起するような事はありません。
「勃起させるために体の器官機能を整える」という働きを精力増強剤は持っています。
普段から不健康な生活を送っているような人は精力増強剤を飲んでも、大して体や陰茎を元気にさせるような効果には期待できません。人によっても体質との相性もあるため、ED薬のような即効性を求めるような人に精力増強剤は向いてないと考えましょう。
どうしても精力を高めたいと考えるならば、精力増強剤を長期に渡り服用しなければなりません。

他にもED薬と精力増強剤の大きな違いとして、「医薬品であるかの違い」という根本的な問題があります。
ED薬は医学的にも効果が認められており「医薬品である」のに対して、精力増強剤は「医薬品ではない」という両者にとって大きな隔たりがあるのです。
その理由としてED薬は医薬品成分が入ってますが、精力増強剤には医薬品成分が入っていない点が挙げられます。
精力増強剤はドラッグストアやコンビニでも簡単に購入する事が可能ですが、ED薬を手に入れるには通常は病院での処方となり医師からの処方が必要となります。
このように、ED薬と精力増強剤には作用効果や手に入れるまでの工程にも大きな違いがあるのです。