バリフ

レビトラは早漏対策にも有効

レビトラ錠剤

ED薬の中でも特に水溶性の高いレビトラは、服用後から効果を現すまでに一番即効性に優れています。しかし、他にも愛用者から好まれている大きな特長があります。
それは、性行為の際の早漏改善にも大きく役立ったという多くの愛用者からの報告が次々と明らかになっている事です。
薬の説明書にはそのような事は全く記載されていませんが、実際に使用してから射精するまでに時間を要したとの事例がたくさんあるのです。実際に海外での臨床実験が行われた際には、レビトラを服用した後の性行為では挿入から射精するまでの時間が通常時より延長して約2倍以上になったのが報告されています。

レビトラを服用すると、陰茎や亀頭が硬くなるほど刺激に対しての反応が鈍り、射精に至るまで自身でコントロールしやすくなるというのが結論づけられます。
また、レビトラを常備する事で心理的にも優位に働き、性行為に対してリラックスして臨めるという効果にも期待ができます。

ED薬最大の利点である勃起を促す効果がそれぞれありますが、レビトラには勃起の質に違いがあり勃起の際、特に陰茎や亀頭が硬くなる特長があります。この勃起の強さから多くの刺激を受けても反応が鈍ってしまい、挿入から射精にかけての時間が長くなるのに直結しているのです。

早漏について

早漏とは性行為の際に、挿入してから3分以内に射精してしまう事です。女性側は充分な満足を得られていないにも関わらず、短時間で男性が一方的に絶頂に達するのはパートナーからするとあまり良い気分ではありません。したがって、お互いにとっても何かしらの精神的ストレスを抱えてしまう原因にもなります。

特に体力の衰えが大きく出始める40代~50代頃から、特に勃起力が低下してしまい衰退性の早漏になる場合があります。勃起力が低下すると性行為での刺激を受けた際に陰茎が過剰に感じやすくなり、自分の意図に反して射精してしまうような事があるのです。

早漏の種類

単純に早漏という一括りにまとめられる事が多いですが、主に肉体的要因と精神的要因の2つに分けられます。さらに症状の種類を細かく分けると、実は早漏には4つの種類が存在しています。
「射精するまでの時間が極端に短い」という共通の問題ですが、4つある種類の原因についてはそれぞれ異なります。
自覚症状があったとしてもなかなか他人には相談しづらい問題のため、早漏に悩んでいる方は改善するためにも認識しておきましょう。

衰弱性早漏

悩む中年男性

人間は20歳をピークに、加齢によって身体のあらゆる箇所で衰えが見られるようになります。衰弱性早漏とは、射精をしたり我慢するのをコントロールする、射精管閉鎖筋と呼ばれる筋力が低下するのが原因とされています。
特に40代以降から症状が現れるケースが多く、加齢による筋力低下による影響が大きいです。
射精する際には滲み出るような形になり、若い頃のように精液が勢いよく出ないのが特徴です。筋力の低下によって、これまで若い頃にはできていた射精の我慢ができなくなります。

運動機能が低下すると若い年齢でも起こり得る症状で、特に座りっぱなしのデスクワークや運転手などの仕事をしている方は注意が必要となります。
改善方法として、太ももやふくらはぎなど下半身の筋力強化や、肛門を閉じるトレーニングを繰り返して射精するのを我慢する射精管閉鎖筋を鍛える方法が挙げられます。

包茎性早漏

日本人男性の約6割以上が仮性包茎に悩んでいるとされており、このような悩みを持つ方は特に包茎性早漏になる傾向があるようです。欧米諸国では殆ど幼児の頃から亀頭を覆う包皮を切除している事が多いですが、まだ日本ではそのような風習はありません。
包茎性早漏の原因には、性行為の激しい動きで亀頭部分が刺激に対して過敏になる事が考えられています。
普段は包皮に覆われていますが、性行為の際に亀頭が激しく刺激を受けて過敏に反応してしまい、自分の意思とは裏腹に早く射精してしまうケースが多くなるようです。

このような症状は若い10代~20代前半の性行為に対しての経験値が浅い事や、性行為に対しての興奮度が異常に高い事が関連しています。改善するためには、専門の医療機関で包茎手術を行う方法が挙げられ、性行為の経験を増やして亀頭が強い刺激に慣れる必要があります。
まずは包茎を治す事が先決とされていますが、包茎を治しても早漏に悩む方は大勢いるため、普段から亀頭を刺激に対して慣れさせるのが一番重要となります。
それでもうまく対策ができないという方には、ED薬のレビトラを服用するのがオススメです。陰茎を大きくして硬度を高める事で刺激に対して強くなり、射精するまでの時間を遅らせるのに大変有効となります。

心因性早漏

背中を向け合う男女

性行為に対して精神的な悩みや不安など大きなストレスを抱えてしまい起こしてしまう早漏症状です。特に性行為の経験が浅い若年層に多いのが特徴です。
若年層は性行為への憧れや理想が大きく膨らみがちで、現実とのギャップに苦しみ不安を抱いてしまうケースが多いです。普段は目にする機会の少ない女性の裸を直に見たり、体に触れるのに対して過剰に興奮してしまい射精が早まってしまう事があります。
すると思い通りにコントロールできない自分にショックを受けて、徐々に性行為自体を避けてしまう原因にもなります。

また、過去の性行為での失敗からトラウマになってしまい過度のプレッシャーが負担になる事もあります。過去の失敗談を鮮明に記憶してしまい、「また失敗するのではないか」といった不安が大きくなる一方になってしまいます。
性格にもよりますが、特に物事に対してネガティブな考え方を持っている人は負のスパイラルに陥りがちで、改善するにも時間を要する傾向があるようです。

克服するためには理解してくれるパートナーから協力してもらい、経験を積むのと同時に成功経験をいくつも作り自信を得るのが望ましいです。自信を得られるとリラックスした状態になり気持ちにも余裕が生まれ、性行為を思う存分楽しむ事ができるようになります。どのような事柄においても自身を得る事は必要です。きっとパートナーとの時間を楽しむ事ができるでしょう。

過敏性早漏

包茎性早漏と強い結びつきがあり早漏の中でも一番当てはまる人が多いとされている過敏性早漏ですが、陰茎部周辺や亀頭部がほんの少しの刺激に対しても過剰に反応してしまい短時間で射精する症状です。特に性行為は亀頭部にかかる刺激や圧力が激しいため、この症状の人は自然と射精するまでの時間が早まってしまいます。
脳からの指令が出される前に体が反射的になるため、頭では射精を抑えるように考えても実際にはコントロールできない事が多いです。

また脳が性的興奮を高める前に射精されるため、本来パートナーとのコミュニケーションを楽しむ性行為のはずが、思うような快楽を得られずに不本意な気持ちになる事も悩みの一つに挙げられています。
主に若年層や日頃からスポーツをしていて、丈夫な神経細胞を持っている健康な方がなりやすい症状です。

改善するためのトレーニングとして、亀頭部を刺激に対して慣れさせる事や陰茎部の感度を鈍らせる事に取り組む必要があります。毎日の入浴中にシャワーの水圧で刺激を繰り返し与えて慣れさせる、マスターベーションの際に射精をするのを我慢するなどの方法が挙げられます。
このようなトレーニングを地道に続けるのが改善への近道となります。身体的な問題が原因となるため、トレーニング次第で改善もしやすい症状といえます。