バリフ

ED薬の副作用は怖くない

副作用の男性

医薬品には「主作用」と「副作用」があります。主作用とは薬として本来の目的に対して働きかける事で、ED薬に当てはめると主作用は「勃起不全の症状を改善して勃起するよう促す」という事になります。
副作用は主作用以外の働きになります。ED薬で例えると、勃起を促すように働く以外は副作用として捉えられます。
薬を服用して副作用に見舞われるのは珍しい事ではありません。ED薬も同様に副作用がありますが軽い症状で怖くないものが多いです。
一般的な医薬品と同様に服用すれば、特に重大な副作用に見舞われるような事もありません。
むしろ副作用があるという事は「薬が体に対して効果を発揮しているサイン」と前向きに捉えてよいのです。

ED薬の副作用には下記のような症状がありますが、特に命を脅かすような危険性はありません。副作用が起こる頻度が増えたり症状が気になる方は、無理にED薬服用しないようにしましょう。
あくまで症状は一時的なものなので、ED薬の副作用は怖くないと認識しておきましょう。
ED薬の副作用には以下のような症状が挙げられます。

頭痛

3種の中でも一番持続時間が長いのがシアリスです。勃起力は優しいものの、持続時間は約36時間に及ぶため特に長時間性行為を楽しみたいという方に人気です。
食事面での影響が少ないため、セックス前にパートナーとの食事を楽しみたい人に人気があります。何度も服用する手間が省けて、週末などお泊りがけのデート時に使用する人が増えています。

動悸

服用量が多くなるにつれて心拍数が上がったり動悸を起こす場合があります。特に性行為中など体を激しく動かした直後に起きたりします。
しかし時間が経過すると症状は落ち着きますので心配ありません。

鼻づまり

血流促進による鼻の粘膜の血管が膨れて一時的に鼻が詰まったような感覚になります。
しかし時間が経過するにしたがって症状は治まり後遺症を残すような事はなく性行為に対しても問題はありません。

目の充血

眼球の毛細血管や顔周りの血管に多くの血液が流れ込み目が充血したり顔が赤くほてる症状が現れます。痛みや痒みを生じる事はありません。
充血が気になる場合は目を酷使しないよう休めるようにしましょう。

青色の識別障害

青色系統の識別が鈍くなったり光に対しての反応が過敏になる場合があります。
個人差もありますが、車の運転をする際は信号機の色や周囲への注意が遅れる事が考えれられるため控えるようにしましょう。

ED薬の副作用は気にする必要なし

副作用を考える人

ED薬は勃起を促すという大きなメリットがありますが、服用した際に場合によっては副作用が起こる事があります。
副作用の症状には主に「目の充血」や「顔のほてり」などが挙げられます。
この症状はED薬が持つ有効成分による血管拡張作用によるもので、お酒を飲んだ後に顔が赤くなるのと同様の症状です。
したがって、このような症状が現れても特に気にする必要はありません。むしろED薬が体に吸収されて効いてきたのだと思った方がよいでしょう。
他の副作用には「鼻づまり」「頭痛」「動悸」などがありますが、こちらも体に大きな危険が及ぶほどではありません。頭痛の対策には市販薬の頭痛薬で対処する方法があります。
いずれにしても性行為に対しての影響や支障は無いため気にする必要はありません。

このような副作用の事をあらかじめ頭に入れておけば、服用して後に副作用の症状が現れても焦る事はありません。いざという時にも柔軟に対応ができるでしょう。
しかし副作用には個人差がありますので、もし気になった場合はED薬の服用を止めるのも選択肢の1つです。他にはピルカッターでED薬を半分にカットして服用する方法もあり、気になる副作用を軽減する事ができます。
ED薬の副作用は性行為するのに支障は無いため、特に気にする必要なしと捉えてもよいでしょう。

どのような薬でも副作用はあります

様々な種類の薬

世の中にはあらゆる病気や症状に対しての治療薬が数多く存在しています。薬によって病気が治ったり症状を改善する事が可能です。
しかし、どのような薬にも優れた効果があれば副作用も存在します。例として、風邪薬を服用すると眠気が起こったり胃腸薬には口の中が渇くなどの症状が挙げられます。
ED薬も他の薬と同様に副作用があります。ですが、この副作用は必ず現れるという事ではありません。もし副作用が現れたとしても症状が軽いため服用をためらう必要はないです。

ただし、ED薬を服用する際の飲み物や併用する薬の種類において注意すべき点があります。
特にグレープフルーツや糖尿病の薬を併用するのは大変危険とされています。
このような柑橘系フルーツや糖尿病の治療薬との併用によって副作用を起こす可能性が高まるのと同時に、後に重大な症状へと発展する危険性があります。
そのため、なるべくED薬を服用する際にはグレープフルーツや他の薬との併用は避けるようにしましょう。

どのような薬にもプラス面があればマイナス面もあります。マイナス面が大きくなれば当然体への負担も大きくなります。そのため、副作用を最小限に抑える事を最優先に考えるべきです。
健康な体を壊してしまっては、もとの体に戻るにも相当の時間がかかります。また、ED薬を服用しても体に効かない可能性も出てきます。
どのような薬にも副作用がある事を踏まえながら、ED薬を活用するように心がけましょう。

心臓病を患っている方はED薬を控えましょう

心臓病の人

医学の観点からED薬を服用するのには向いていない方がいます。それは過去の発症歴も含めて、狭心症や不整脈などの重い心臓病を患っている方です。こちらの方々はED薬を服用するのは大変危険です。
もし何も知らずに服用すると、後に重症化したり命にも危険を及ぼす可能性が高まります。

ED薬はもともと狭心症の治療を目的にして開発された薬です。したがって本来は心臓に負担をかけるような事はありません。
しかし、心臓病を患っている方がED薬を服用すると大変危険です。心臓の血圧が急激に下がったり変動する事があり大きな負担をかけてしまいます。
医師から運動制限されている方も多いですが、性行為も運動と同様に激しく体を動かす事が多く心臓に大きな負担がかかる行為です。性行為を行う際は体位などを考慮して心臓に負担をかけないように意識しましょう。
心臓病を患うと心臓への十分な血液と酸素を送れなくなるため、通常の人よりも心臓発作を起こしやすい状態になっています。
そのような状態の方がED薬を服用すると、血圧降下を起こしてさらに心臓への負担が大きくなる事が考えられています。したがって心臓病を患っている方はED薬の服用を控えるようにしましょう。

また、ED薬は心臓病の治療薬との相性も悪いです。心臓病の治療薬には主にニトログリセリンと呼ばれる成分が入ってますが、ED薬と併用すると血圧を激しく下げる恐れがあります。
そのため心臓にかなり大きなダメージを与える事になり、命に危険を及ぼす可能性も高まってしまいます。
しかしED薬が危険というわけではなく、あくまでニトログリセリンなどの硝酸剤との相性が悪いことを認識しておいてください。
心臓病患者が独自の判断で勝手に服用するのは危険ですが、どうしても子作りやパートナーとのセックスレス解消のためにED薬が必要となる場合は服用する前に必ず医師に相談するようにしましょう。

現在ED薬は個人輸入の通販サイトから簡単に手に入れる事ができます。誰でも服用するのは簡単ですが、もし何かしらの事故が起こった場合は全て自己責任となります。
心臓病患者がED薬を服用すると重大な病気を引き起こしたり死亡するようなリスクが高まる事になります。ED薬を服用する前に自身の健康状態をしっかり認識するように心がけましょう。
もし万が一でも事故が起こってからでは手遅れです。もしもの万が一に備えて、心臓病を患っている方はED薬を控えるようにしましょう。

ED薬と肝臓の病気

肝臓病の人

上記では心臓病患者のED薬服用について触れましたが、肝炎や肝硬変など肝臓の病気を持っている方も同様にED薬を服用しないようにしましょう。
肝臓の役割は食べ物からの栄養素を分解し貯蔵して、必要な時は体にエネルギー供給を行ったりお酒のアルコールや薬・老廃物を分解するという大事な役割を担っています。
肝炎や肝硬変などの肝機能障害があるとアルコールや薬を分解できなくなり、やがては体に毒素が溜まり代謝が追いつかなくなってしまいます。そうなるとアンモニアなどの毒素が混ざった血液が脳や体の臓器に送り込まれて後に障害を起こすことに繋がるのです。

このような状態でED薬を服用すると体にどのような影響を及ぼすのでしょうか。
肝臓の病気によりうまく分解できなくなると、服用したED薬の物質がそのまま肝臓内に残ったままになり炎症を起こしてしまいます。
厄介なのは炎症を起こしているのに気づかない事です。肝臓に炎症を患った状態で放置したり継続してED薬を服用するとさらに症状を悪化させてしまう恐れがあります。
肝臓は臓器の中でも特に異常に気付きにくいといわれているため、肝臓の病気を持っている方はなるべくED薬の服用を控えてダメージを与えないようにしましょう。
したがって、心臓病患者と同様に肝臓の病気を持っている方はED薬の服用を控えるようにしっかり心がけましょう。