バイアグラの偽物について

バイアグラ錠剤

ED(勃起不全・勃起障害)は男性にとっての大きな障害であり、一生のうちに誰もが発症したくないと考えている事でしょう。
発症すると、後に生きるモチベーションをも失いかねません。
しかし、1998年にバイアグラが開発されて以降はEDで悩む多くの人への救世薬となりました。

今では医療機関での処方以外に、海外輸入を行っている通販サイトでも簡単に購入する事ができます。
一般的に多くの人にも広く知られているため需要が高い薬品です。
そのため、通販サイトで最も取り扱われるED薬です。しかし、中にはバイアグラの偽物が販売されている事もあります。
パッケージなどの見た目ではなかなか偽物とは判断しづらいほど巧妙に作られています。特に初めて購入する方にとっては、正規品と比較ができる情報がないため誤って購入したり服用してしまうケースが後を絶ちません。
もちろん薬剤の成分は全くのデタラメであり、うまく体内で消化ができなくなったり大きな害をもたらす可能性が非常に高く大変危険です。

偽物を見分ける方法

バイアグラ錠剤とシート

では、このように劣悪なバイアグラの偽物を見分けるにはどうしたらよいのでしょうか。まずパッケージについてですが、偽物には正規品と違った配色が施されていたり、ボトルの形状が違っている事があります。
次に薬剤ですが、正規品には製造元であるファイザー社を意味する「pfizer」の刻印が表面にハッキリと記されています。偽物にはこのような刻印がされてなかったり、やたらと鮮やかな色合いであったりと不自然な点があります。
また、正規品の表面は青色のコーティングが施されて、ピルカッターで薬剤を割ってみると中身は白色です。さらに水で溶かしてみると約1分後には成分が水に溶けて姿を消します。
その一方で、偽物はいつまで経っても溶け出さずに元の形を留めるなどの違いがあります。本来は体に入れてはならない有害物質が含まれているのです。

バイアグラについて

バイアグラの効果、副作用

世界的に有名なED薬のバイアグラは1998年からアメリカのファイザー製薬会社によって開発されました。青い色をした菱形が特徴の薬剤です。
これまでにない画期的な医薬品とあって多くのメディアに取り上げられ、薬の効果について知らなくてもバイアグラという薬品名は幅広く認知されています。経口タイプで簡単に服用できる事からも多くの人が愛用してきました。
人々からの関心が高く、裏方では偽物が多く出回るなどの社会問題にもなりました。
EDで悩む男性にとってはまさに待望の治療薬であり、開発から20年近く経つ今でも圧倒的な人気を誇っています。まさにED薬を代表する存在です。

しかし、バイアグラの誕生についてはあまり広く知られていません。当初は狭心症に苦しむ患者への治療薬開発として試験投与された薬が、偶然にも勃起不全や勃起障害を改善する効果があるのが判明したのです。その後、ED薬として改めて開発されました。

バイアグラが発売されてから、EDの改善や悩みを解消した人は多く圧倒的な支持を得ています。
現在の日本国内で承認されている規格内容量は25mgと50mgの2種類です。しかし、国外では100mgまでの規格が承認されています。
このような薬品名の由来については、「壮大なナイアガラの滝のように精力や生命力が溢れる」という意味が込められています。
EDに悩む多くの男性へ生きる喜びや活力を与えている「夢の薬」といっても過言ではありません。

バイアグラの効果

バイアグラの効果

バイアグラを服用した後、約30分~1時間内には徐々に効果を現し始めます。したがって、なるべく性行為する1時間前には服用するのを勧めます。
性的欲求を感じたり性的刺激を受けると、薬の効果によって勃起する働きを促します。常に勃起状態になるような事はありません。また、性欲を増強させるような効果もありません。
人によって薬に対しての作用効果は個人差がありますが、持続時間は約6時間程度になります。決して短い時間ではありませんが、十分認識しておきましょう。
ED薬の中でも一番の勃起させる力があり、勃起がすぐに弱まる方や中折れしやすい方にも大変有効で愛用者からの絶大な人気を誇ります。

バイアグラの作用秩序

薬が体に働きかける作用秩序について、バイアグラの服用後に有効成分のシルデナフィルが体内へと吸収されます。その後、約30分後からは性的欲求や性的興奮を感じると脳内神経を介して一酸化窒素を放出し、陰茎内にある海綿体の血管を拡張する環状グアノシン一リン酸が増大して勃起させる仕組みになっています。
通常は5型ホスホジエステラーゼ (PDE-5)と呼ばれる酵素により勃起を抑えていますが、環状グアノシン一リン酸はこの酵素を分解する働きを持っており、酵素の量を上回ると勃起が起こるようになっています。
勃起不全や勃起障害を持っている方は、精神的なストレスや体力低下などが関連して酵素が過剰に分泌されて勃起できなくなっているのです。

バイアグラの副作用

頭を抑える男性

ED薬の中でも一番最初に開発されたバイアグラは、以降に開発されたレビトラやシアリスと比較すると副作用を起こす可能性は若干高めになります。
誤った服用をしなければ特に重篤の症状ではありませんが、以下のような副作用を起こす可能性があります。

・頭痛
・目の充血
・顔のほてり
・光線過敏(眩しく見える)
・消化機能低下(下痢や嘔吐)

バイアグラの作用により、全身にかけて血行促進が行われているのが深く関係しているようです。
これらの症状はあくまで一時的なものと考えられますが、長引いたり違和感のある場合は早急に医師へと相談しましょう。

バイアグラの併用禁忌

どのような薬にも、併用する事によって体に危険をもたらす場合があります。
バイアグラの併用禁忌には以下のような注意があります。

・狭心症や心筋梗塞の治療薬に用いられるニトログリセリン系の薬は併用によって、血圧を急に下げてしまう恐れがあります。過去には死亡するケースもあり、命に重大な危険性が及ぶため絶対に控えましょう。

・グレープフルーツや柑橘類との併用は控えましょう。これらの柑橘類に含まれる、フラノクマリン酸が薬の効果を上げ過ぎたり下げ過ぎたりする恐れがあります。

・ビールや焼酎などのお酒(アルコール)を飲んだ後や同時服用は大変危険です。性行為の際に血圧が急激に上がり体に大きな負担をかける恐れがあります。

バイアグラの飲み方

バイアグラの飲み方

服用の際の注意点ですが、先ほども書きましたように空腹時に服用するようにしましょう。もし、食事をした後にバイアグラを服用するとなると、できるだけ時間を空けてから飲むようにしましょう。お酒との併用も控えましょう。どうしても飲まなければいけないという時はなるべくアルコールが抜けてきた所を見計らって飲むようにしましょう。そしてグレープフルーツとの併用も副作用が強く出る可能性があるので、控えるようにしましょう。

バイアグラの価格

バイアグラは病院での処方と、通販での購入とで、価格が変ってきます。病院での処方となると、診察費用、検査料などが上乗せしてきます。更に保険適応外の治療となるので費用も病院やクリニックにより変ってきます。なので、病院でのバイアグラを処方してもらうとなると、診察費用、検査料を含めて大体、1錠辺り、2000~2500円ぐらいになります。通販での購入すると診察費用などは何も掛からないので、平均的に1400円程度で購入する事ができます。価格的には通販で購入する方がお得という事になります。

バイアグラを通販で購入する方法

バイアグラを通販で購入する方法

通販で購入となるとまず、気になるのが購入の仕方だと思います。海外からお薬を購入するという事になるので、英語を理解していないとダメなのではないか?等とそういった不安があるかとは思いますが、言葉の壁については、何の心配もいりません。通販サイトも全て日本語で書かれていますし、やり取り、問い合わせも日本語でできます。購入の仕方も大手のネットショップと同じ感覚でできます。いたって簡単です。欲しい商品を選び、カートに入れて、お支払い方法を決めて、届けて欲しい住所を記入するだけで、それだけで購入する事ができます。その後は大体、10日程度で荷物は届くので家で待っているだけでいいのです。とても簡単に購入する事ができるのです。

カマグラ(バイアグラのジェネリック)

カマグラ(バイアグラのジェネリック)

バイアグラのジェネリックです。インドのアジャンタファーマ社が販売しています。有効成分はシルデナフィルです。カマグラとカマグラゴールドと名前が違うものがありますが、中身は同じでインド国内用と輸入用で名前を分けているだけです。カマグラはバイアグラの1/5の価格で購入する事ができます。勃起力をつけたい人はカマグラがお勧めです。

女性用バイアグラ(ラブグラ)

女性用バイアグラ(ラブグラ)

カマグラと同じアジャンタファーマ社が開発・販売しています。主に不感症、性的興奮障害の改善をし、性的な欲求、快感を満たしてくれる女性用バイアグラです。EDの症状を改善すると同様にラブグラの成分が酵素を阻害し、クリトリス、性器周辺の血流を増加させ不感症を改善していきます。服用しただけで快感を得られるという事ではなく、性的刺激を受けた時のみ反応するので、ご安心下さい。

バイアグラの歴史

現在では、世界中の流通に出回っているバイアグラ。世間ではED治療薬として認識が浸透している中、その薬がどう誕生したのかを知っている人はそこまで多くありません。ではいったいどのような歴史をこのバイアグラは持っているのでしょうか?

元々バイアグラというED治療薬は始めからED治療薬として開発が進められていたわけではないのです。この薬は実験の過程である発見をしたことでEDの治療薬として誕生しました。

当初、狭心症を治すために製薬会社ファイザーが「バイアグラ」という名前がまだ無かった薬、クエン酸「シルデナフィル」の開発を進めていました。しかし、その実験の過程で副作用として勃起効果があることが判明し、勃起不全薬として開発が進められるようになったのです。

バイアグラ誕生エピソード

製薬会社ファイザーが狭心症治療薬としてシルデナフィルを研究するもの、思った効果は発揮されませんでした。研究成果は失敗、そう決め付けていたその時シルデナフィルの試験薬を使った人たちが薬品を返してこないことに気づいたのです。被験者たちが被験者が余剰の試験薬を返却するのを渋るのを疑問に思い問い詰めた結果、初めて勃起現象が起こることが判明したのです。

その事実を知ったファイザー社の研究者達はすぐに対狭心症薬から対勃起不全薬へとシフトチェンジしたのです。そして研究が進められ、1996年にその特許が認められ、1998年にはアメリカ市場にその存在を現すようになりました。

そして発売当初は、「夢の薬」、「画期的新薬」とまで言われるようになり、瞬く間にバイアグラは世界中で話題になりました。

日本でのバイアグラ

アメリカで流通を開始したバイアグラ。当然その情報を聞きつけた日本も喉から手が出るほど欲しがる者が大勢いました。国内での販売が認可される前から個人輸入をする人が続出し、違法な転売を行うブローカーまでも現れる始末。病院から処方されたものではないため、当然正しい扱い方を知らずに使用し健康被害を出してしまい、中には死亡してしまった人物も続出、一種の社会現象とまで言われる事態となってしまいました。

このことを重く見た厚生省(現:厚生労働省)は、国内でも正式にバイアグラの販売を開始するために、バイアグラの認可作業を急ぎ、異例の早さで承認され、1999年に販売が開始されました。

その後、バイアグラは日本で輸入を通して流通するようになりましたが、2014年5月をもってバイアグラの特許保護期間が切れたことでバイアグラのジェネリックが国内でも販売されるようになりました。バイアグラを始め、レビトラシアリスなど勃起不全に悩む人への薬は日々改良さています。今後も勃起不全に悩む新たな薬が開発されていくでしょう。